DEFENSE ZONE 3~各タワーの性能と使いどころ~

スマホアプリ”DEFENSE ZONE 3″についてです。

このページでは各タワーの性能について説明しています。

EASYモードではあるものの、全24ミッションをクリアしての寸評です。

ちなみに私が最もよく使ったタワーは

  • 液体窒素
  • ミサイル砲台
  • 球電
  • 榴弾砲

の4つです。

マシンガン

最も基本的なタワー。攻撃力低め、攻撃範囲狭め。

ミッション1では活躍する(というかほかの選択肢がほとんどない)が、その他のミッションでは活躍の場が少ない。最初のウェーブを凌ぐために使うことがある程度。

よって終盤では選択肢から外してOK。

液体窒素

ダメージは与えないが、敵の移動速度を鈍らせる。

終盤のミッションほど重要。後述の榴弾砲とのコンボで大ダメージを与えられる。私の印象では、もうこれしか選択肢がないんじゃないかと思えるほど。

レーザー

一応、空中の敵も攻撃できるが、後述のミサイル砲台の方が攻撃範囲が広いので使いやすい。マシンガンと並んで、使わなかったタワーのツートップ。

ミサイル砲台

空中の敵を攻撃でき、攻撃範囲も広いため、海上の敵にも対応しやすい。というか、船のステージはこれだけ敷き詰めておけばいいんじゃないかと思えるほど。

攻撃頻度がやや低く、単体だと移動速度の速い空中の敵を取りこぼすことが多いので、複数台で対応したい。

球電

歩兵に対しては基本これが活躍する。特に進路の交差点に配置しておくのが良い。

進路沿いには、この球電か液体窒素か、という感じ。

火炎放射器

残り火でダメージを与え続ける。

一時期愛用していたが、液体窒素とは互いの性能を打ち消しあうこと、そして液体窒素は榴弾砲とのコンボで外せないので、必然的に優先順位が下がる。

榴弾砲

攻撃のかなめ。攻撃範囲はそこそこで、攻撃頻度もいまいちだが、着弾箇所近辺の敵全体にダメージを与える。

このゲームはこれがないと攻略できん気がする。液体窒素噴霧中に敵に与えるダメージが極めて高い。

配置としては、進路沿いに球電や液体窒素を置き、その後方に陣取らせるのがベスト。進路沿いでも悪くないが、近すぎる敵に対しては攻撃できないデメリットがある。

できるだけ複数台配置しておき、常にヘルファイアを仕掛けられる態勢を整えておきたい。

トルネード

最強の攻撃力を持つタワー。攻撃範囲が非常に広く、攻撃力も高いが、攻撃のタメが長く、連射が効かない。

また、遠くの敵に対しての命中率がいまひとつ。特に動きの速い敵に対しては、ヘルファイアも含めて命中率が落ちる印象。

強いのだが、液体窒素ボーナスみたいなものはなく、榴弾砲と比べると優先順位は落ちる。進路から離れた位置で、ほかに置くものがなく、かつ資源が余っている場合には配置しておくとよい。

DEFENSE ZONE 3の関連記事