Lemmings~罠回避のための立ち回り集~

スマホアプリ”Lemmings”の攻略についてです。

様々な危険にさらされ、常に死と隣り合わせのいたいけなLemmingsたちですが、ここではそんな彼らが生き残るためのギリギリのサバイバル術を紹介していきます。

0.早送りの是非

早送りモードを活用するとLemmingsたちがサクサク進むので便利なのですが、気をつけるべき点があります。

それは通常モードと比較して彼らの挙動が微妙に変わる点です。

特に早送りモードの状態では、落下時の横方向移動が助長されているように思います。これによって、

  • 下方向に掘削後、長い距離を落下すると隣のマスのブロックに激突死してしまうことがある
  • 落下先で足止めしているLemmingsを飛び越えてしまうことがある

など、通常モードとは異なる現象が発生することがあります。

また、別ページでもご紹介した「Lemmingsが階段に引っかかる現象」も、どうやら早送りモードにすると発生するようです。

堅実にいく必要のある場面では、早送りモードはあまり使わないことをおすすめします(2019年6月現在)。

1.回転歯車の近くで足止めしててもセーフ

3マスに渡って円盤カッターを伸ばしてゴリゴリ削ってくる罠ですが、両端のマス目で足止めしていても無事です(下のイメージ図だと、どう見ても削られていますが)。

円盤カッター回避

2.階段で足止め中、頭上からの落下物はセーフ

階段の途中ぐらいまでであれば、落下物の影響を受けません。足止め中であればセーフ確定です。

落下物回避

※階段の上部近くにいる状態で足止めが発動した場合、やられてしまうこともあるみたいです。

運が良ければ、普通に階段移動中に落下物がきてもスルーすることも(もちろん、やられることも)。当たり判定はかなり狭いようです。

3.落下物の近くで掘削作業してても死なない

下図のように、隣の壁を掘っている最中に落下物がきても影響を受けません。

落下物回避その2

4.ステージ開始直後の罠回避方法

時々、ステージ開始直後に「落下先に罠」のパターンを見かけることがあります(下図)。

スタート即罠

一見すると犠牲は不可避のように思えますが、以下のように指令を与えることで回避が可能です。

  1. 階段作成
  2. 足止め(スタート直後)
  3. 足止め(階段作成マス)

スタート即罠の回避

1人目に階段を作成させ、2人目が開始地点で足止めを行っている隙に階段の作成を進め、3人目がやってくる頃に階段上での足止めがギリギリ間に合う、という感じです。これですべてのLemmingsが2人の足止めLemmingsの間に格納されます。

※45体のLemmingsが同じ入口から出現するステージの場合、この方法では間に合わないかもしれません。その場合は、落下直後のマスに傘を用意して時間を稼ぎましょう。

Lemmingsの関連記事