infinitode2~高得点(WAVE数)を目指すためのコツ・画像ダイジェスト~

スマホゲーム”infinitode2″で高得点を出すためのコツを画像でまとめました。

詳しくはinfinitode2~高得点を目指すためのコツその2~で書いています。文章多めです。

さて、ここではステージ1-6を例として、高得点を得るための考え方を解説しています。

序盤

WAVE1

WAVE1
“Regular”と”Fast”対策に”Cannon”を、”Strong”対策に”Missile”を配置しました。
余ったコインで、ポータル付近に”Blast”を複数配置。

まずはWAVE50まで、必要なタワーや制御盤などをそろえていきます。

WAVE50

WAVE50
ここまでで”BOUNTY”の設置が完了。ここからWAVE100までは、主力タワーのアップグレードです。

上図では上側2つの”Freezing”のみアップグレード(下側のやつは雪つぶて要員)。また、画面中央の”Cannon”は”BOUNTY”と隣接しており、敵を倒してほしくないので今はアップグレードを控えています。

中盤

WAVE100

WAVE100
ここまでで攻撃系のタワーはほぼMAXまでアップグレードできます。

ここでは”BOUNTY”の一部撤去と”Freezing”の増設を行い、WAVE150までをめどに増設した”Freezing”が雪つぶてを投げてくれるようになるのを待ちます。

WAVE150-A

WAVE150-A
雪つぶての数が増え、コインも貯まってきました。

ここからMDPSを上げる作業に入ります。

WAVE150-B

WAVE150-B
ポータルをタップして、今後の敵の出現情報を確認します。

1WAVEあたりに出現する敵の数が多いところが狙い目です。

今までオートで敵を出現させていた人は、ここで手動モードに切り替えます。次WAVEの敵を呼び出せる状態になったら即タップしてどんどん敵を増やします。

WAVE150-C

WAVE150-C
余っていたコインを使い、残っていた”BOUNTY”をすべて”Missile”に変更し、MAXまでアップグレードしました。

あとはアビリティ”Windstorm”を使ったときに、先頭の敵がポータルまで押し戻される間合いを見計らいます。

WAVE150-4

WAVE150-4
すべての敵がポータルに集まったときの集中攻撃により、MDPSが229Kから909Kまで上昇しました。

終盤

WAVE200

WAVE200
アビリティの助けを借りながら、WAVE200まで到達。チャンスがあれば敵がさらに大量に出現するタイミングを狙って、MDPSを更新していきます。

WAVE300

WAVE300
WAVE300に到達。最終的にはMDPSが2.41Mまで上昇しました。

ここまで来ると、どのタワーも攻撃力がゴミになるので、必要に応じて”Blast”や”Freezing”に変えてしまうのもいいでしょう(一度出したMDPSは下がりません)。


ここまでの作業で、私はステージ1-6(NORMALモード)のWAVE数で歴代TOP5に入りました(2019年12月現在)。
ここからの改良次第で、さらなる高得点も目指せるのではないでしょうか。興味があったらチャレンジしてみてください。

infinitode2の関連記事